About ~高ワグについて~

慶應義塾高等学校・女子高等学校 ワグネル・ソサィエティー・オーケストラは、音楽系クラブの中でも1, 2位を争う大所帯のクラブです。
部員は例年100人を超え、活動を行っています。

活動内容はオーケストラ演奏です。
堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、そんなことは全くなく、むしろ文化部ならではの和やかな雰囲気で賑わっています。
はじめのうちは慣れないかもしれませんが、部員同士の関わりの深い、親しみやすい部活です。
友好関係も築きやすく、すぐに馴染めると思います!

高校ワグネルは校内の他の部活と違い、特殊な形で活動しています。
「特殊」というのは、高等学校(以下塾高)と、女子高等学校(以下女子高)が提携をとって活動しているということです。
普段の練習は女子高の人達が塾高に来て一緒に行っています。
また、定期演奏会や合宿などといった行事も共同で行い、全部員両校の文化祭に出演することが出来ます。
普段は塾高、女子高と別々になっていますが、こういった両校の行事に参加できたり、男女共同の大人数で活動できたりなど、学校同士の関連性を生かして部活を行っています。

高ワグというと、大ワグをご存知である人もいると思います。
大ワグとは、大学にある本家 ワグネル・ソサィエティー・オーケストラ のことです。
基本的に大ワグとは共同して活動は行っていませんが、エキストラとして参加していただいていたりと、様々な面でお世話になっています。
高ワグを卒業した人の多くは、そのまま大ワグに入部しています。
大ワグに関しては、リンク集にある大ワグのページを見て下さい。

 

高ワグは、毎年行われる3つの行事に向かって日々練習を重ねています。

まず、春期に行われる入学式・卒業式・新入生歓迎会での演奏。
毎年恒例の ワーグナー / ニュルンベルクのマイスタージンガー を中心に、盛大に演奏します。

10月には、女子高・塾高の文化祭で演奏会を行います。
クラシック曲はもちろん、室内楽・映画音楽など幅広いジャンルを取り扱います。
文化祭にいらした際は、是非1度覗いてみてください!

そして3月の一大目標「定期演奏会」。
『東京芸術劇場』の大ホールを借り、1年間の集大成を披露します。
この演奏を最後に3年生は引退し、1年間の活動が幕を閉じます。
100人もの部員全員が1つのゴールに向かって演奏するため、演奏会が終わったあとの感動はとても言葉では言い表せません!

こんな高校ワグネルに興味を持った新入生、高校生活をこの部活に懸けてみませんか?
毎年4月の上旬に新入生歓迎会があり、その後塾高・女子高ともに公開練習を行います。
楽器をやってる!またはやってみたい!という方は是非来て下さい!
日時場所は決まり次第公開します。

2017年度 ホームページ係