Practice ~練習について~

練習形態について

オケ
オーケストラ練習。曲に参加している全員が集まって曲を合わせる練習。
分奏
弦楽器と管打楽器に分かれて演奏する、オケより細かい練習。
セク
セクション練習。ヴァイオリン・低弦楽器・木管楽器・金打楽器に分かれての練習形態。
パーレス
パートレッスン。各パートごとの練習。パートによって雰囲気、回数がだいぶ違います。
呼びりん
呼び出しリンチ・・・の略といわれるほど徹底的な個人指導。っていってもそこまで怖くはありません。

練習場所について

練習場所は基本的に塾高2階の3A~3Jです。 校舎が使えないときは、女子高で練習を行います。 ちなみに、塾高公開練は3年H組で行います。女子高は食堂です。日時は毎年新入生歓迎会の時に伝えます。 また、各パートによって練習場所が違うので注意しましょう!
3A
トロンボーン・テューバ部屋
3B
トランペット部屋
3C
ホルン部屋
3D
フルート・ファゴット部屋
3E
パーカッション部屋
3F
オーボエ・クラリネット部屋
3G
ヴァイオリン部屋
3H
ベース部屋
部室
3Hと3Iの間にあります。個人楽器や部活楽器の保存部屋です。
3I
ヴィオラ部屋
3J
チェロ部屋

練習日程について

ワグネルでは、Piu mosso(ピウモッソと読みます)とよばれる、練習日程表が配られます。 これを見て、練習内容を確認するようにしてください。 また、わぐねるカレンダーという新サービスが始まりました。 是非こちらもご活用ください。

練習中の用語について

練習中に、「乗り」とか「降り」など訳のわからない言葉を耳にすると思いますが、これはワグネルで過ごしていくうちに覚えていく用語です。 入部の時に説明されます。 分からない言葉とかは、なんでも先輩に聞いてください!